家づくり ~省エネな暮らし~ ENETOMOの家~

ENETOMOのいえ

一般住宅に比べ省エネ住宅には、次のような数々のメリットがあります。

一年中快適で、冷暖房機器の使用を抑えられるので 地球にも家計にも優しい家となります。

夏はすっきりと涼しく、冬はほっこり暖かさを。体感してください。


地球にも家計にも優しい家家の中の温度差が小さいので過ごしやすい

省エネ住宅では、屋根や壁、床などに断熱材が使用されており、熱伝導を少なくする工夫がなされています。また、気密性にもすぐれており、外気の熱さや寒さなどの気温の変化の影響を最小限に抑える事ができます。そのため、家の中の上下の温度差や各部屋の温度差、季節による温度差が小さいというのが、メリットのひとつにあげられます。

●換気システムで空気がきれい

気密性が高いのが省エネ住宅の特徴のひとつですが、そのままでは家の中の汚れた空気が外に出て行かず、よどんでしまうという可能性があります。現在の省エネ住宅では、室内の空気の汚れを効率よく排出する計画換気システムが採用されていますので、いつでも空気がきれいであるというメリットがあります。

 

換気システム

●冷暖房費を大幅に節約

寒い冬も暑い夏も、外気の影響を受けにくいということは、余計な冷暖房費があまりかからないというメリットがあります。

●健康に良い温度

各部屋の温度差が少なく、空気もクリーンなため、健康にも良い影響を与えます。

●気密性がよいので遮音性が高い

省エネ住宅では、家全体の気密性が高いので、外からの騒音を低減します。また、家の中の音も外へ漏れにくくなっており、優れた遮音性が特徴となっています。

●地震や台風へも耐久性が高い

高気密、高断熱のため、結露が発生しにくく、構造部剤の腐食も抑えられるため、家全体の耐久性が高いのが、省エネ住宅のメリットのひとつです。また、耐震性、耐風性も高く、地震や台風にも強いので安心して長く暮らす事ができます。

 

快適な温度

                                                                                                                                          
省エネ住宅のメリット

 

住宅内外の熱の移動

 

断熱

~断熱とは、壁、床、屋根、窓などを通しての住宅の内外の熱の移動を少なくすることです。

冬暖房を行っている と、外気に比較し室内の温度が高いので、熱は室内から室外に移動します。夏、冷房を行っていると、外気に対して室内の温度が低くなるので、熱は室外から室 内に移動します。この移動をなるべく減らすことにより、少ないエネルギーで効率よく暖冷房を行うことができます。
住宅の断熱性能は、「外皮平均熱貫流率」(UA値)で示されます。住宅の外皮(床、壁、窓など外気と接している各部位)から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。数値が小さいほど省エネ性能が優れています。

日射

夏に室内の温度が上がる最も大きな要因が、外部からの日射熱です。

そのため、夏は、日射を遮蔽し、室温の上昇を抑えることで、冷房に必要なエネルギーを削減する必要があります。
住宅の日射遮蔽性能は、「冷房期の平均日射熱取得率」(ηA値)(イータエー)で示します。入射する日射量に対する室内に侵入する日射量の割合を、外皮全体で平均した値をいいます。数値が小さいほど省エネ性能が優れています。

気密

住宅に隙間があると、その隙間を通じて空気が出入りすることで熱が室内外で移動します。

この空気の移動による熱の移動を少なくするために隙間を減らすのが気密対策です。
ただし、気密性能だけを強化すると室内環境が悪化しますので、必要な換気量を確保しつつ、過剰な空気の移動を減らすことが重要です。

住まいの事なら笠井工業へお問合せ TEL 026-292-0642