消費するエネルギーが自給自足できる家 ZEHへの取り組み

消費するエネルギーが自給自足できる家 ZEHへの取り組み

ZEH(ゼッチ)住宅 
~ ZEHはゼロ・エネルギー・ハウス 、Net Zero Energy House の略です。~

住宅の断熱性・省エネルギー性を上げて、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気など)の収支をプラスマイナス『ゼロ』にする住宅をいいます。 

 

「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において、以下のZEHの実現と普及目標が設定されています。

「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において、以下のZEHの実現と普及目標が設定されています。

●2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現
●2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現

一次エネルギー消費とは

発電のために必要な、石油や石炭、天然ガスなどの化学燃料や水力、太陽熱など、自然界に存在しているままのエネルギー源のことです。一次エネルギーを加工してつくられる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。つまり、家庭で消費するエアコンや給湯、証明などの二次エネルギー消費量を減らすことで、そのエネルギーを作る一次エネルギーを減らす事に繋がります。

 

 

ZEHの定義・評価方法 (エネルギーを上手に使う住宅)

ZEHの「高断熱基準」を満たした上で、快適な室内空間を保ちながら、エネルギーを上 手に使うためには、 空調設備、換気設備、照明設備、給湯設備等の高効率化 が重要  躯体の高断熱化と設備の高効率化 により、省エネ基準よりも 20%以上の省エネをZEH 基準として設定します。

笠井工業のZEH取り組み内容

《ZEHの周知・普及に向けた具体策》

・お客様へ積極的にZEHをご提案します。
・ZEHにすることへのメリット(ランニングコストの低減など)をご説明します。
・補助金を得られる可能性がある点、補助金を利用することでZEH化係る費用が 抑えられることを試算してご説明します。

《ZEHのコストダウンに向けた具体策》

・設計、仕様、設備の規格化を図り、発注先を限定し、仕入れコストの削減を目指します。
・過剰な性能にならないよう、物件個々に性能値を分析し、最適な仕様にすることで、コストダウンを図ります。
・外皮計算、一次エネルギー消費量計算を外注せず、自社対応することで設計にかかる費用を抑えます。

《その他の取り組み》

・地域性を活かしたパッシブ設計を取り入れ、自然の光や風を利用した省エネ性を提案します。
・高断熱住宅がもたらす、健康性・快適性・遮音性・安全性といった省エネ以外の便益も提案します。
・ZEH物件すべてでBELSを取得します。

住まいの事なら笠井工業へお問合せ TEL 026-292-0642